タオル掛けにも気を配る。

第3,063回エヌテックブログ担当の市川です。

いつもエヌテックブログをご覧いただきありがとうございます。

突然ですがみなさん、トイレの後の手洗いはどこでされますか?
手洗い付のトイレ(タンク有りタイプ)で手を洗う方、
トイレの個室内にコンパクトな手洗い器がついていてそこで手を洗う方、
トイレと併設された洗面所で手を洗う方…といろいろだと思います。

手洗いのあとはもちろん手を拭きますが、その手を拭くタオルを掛けるための
タオル掛けはどこについていますか?

こちらは、とあるブログで見つけた洗面所のタオル掛けの写真です。

b0131012_10395730.jpg

リング状のタオル掛けの下の辺りがうっすら黒ずんでいるのがわかりますでしょうか?
洗面所やトイレなど、手を拭いて湿った状態のまま放置されるタオルの下には
どうしても「カビ」が発生しやすいものです。
いろいろと検索してみると、アクリル板を貼ったり、リング状のタオル掛けから
バータイプ(壁からの距離を少しでも離せるよう結構出っ張っているタイプのもの)に
付け替えているなどの工夫をしている方が多くいらっしゃいました。

エヌテックでもタオル掛けの下にカビが発生しないよう、工夫をしてありますので紹介します!

こちらはトイレ内に小型洗面器を設けた例です。

b0131012_10415422.jpg

タオルが掛かる部分の下にはタイルを少し長めに貼っています。
どちらかと言えば、タオルで手を拭くときはタオル掛けに近い場所よりも
タオルの下のほうで拭くことが多いと思いますので、その部分をしっかりカバーできています!
タイルを貼ることで、湿ったタオルが直接壁紙につくことはありません。
また見栄えもただ壁紙が貼ってあるよりも、可愛いタイルがアクセントになっていて素敵ですよね!

そしてこちらはトイレ自体に手洗いがついている例です。

b0131012_1047139.jpg

棚の下にタオル掛けを取り付けました!これならば湿ったタオルが壁につくことはありません。
また、壁に取り付けている場合よりも、タオルの位置が近いので
床にボタボタ水滴が落ちることが少なくなりそうです。

また、先日マンションリフォームで洗面化粧台を造作で作らせていただいたのですが…

b0131012_1051513.jpg

タオル掛けは壁ではなく天板の下へ取り付けました!
洗面所の下はオープンスペースになっているのでゴミ箱などを置くこともできますよ。
白いタイルに黒い目地…最近すっごく可愛いなと思っている組み合わせです(笑)

一度生えてしまうとなかなかしつこく何度も出現してくるカビ。
できることなら発生しないことが一番ですよね。
小さなことですが、タオル掛けの位置や壁の材質など、ちょっとした工夫で発生率を減らすことは可能です!

また、水周りでは24時間しっかり換気扇を回しておくことをオススメします!
設計の部分だけでは補えない部分ももちろんありますので
寒くなってきましたが…しっかり換気扇を回して、しっかり湿気を逃がしましょう!



エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。

b0131012_17585565.jpg

エヌテックは「耐震住宅100%実行委員会:日本の家を100%耐震に。」に参加しています。
Commented at 2016-11-28 20:20
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by ntecj at 2016-12-01 09:10
siohimi様
コメントをいただきありがとうございます。
タイルを一部貼るだけで見た目もグンといい雰囲気になりますよね。寒くなってきてタオルも乾きにくい時期ですので、小さなことですがしっかり気を配って衛生面にも配慮したいと思っています。
by ntecj | 2016-11-28 11:14 | スタッフ通信 | Comments(2)