温水タンクのちょっとした点検。

第3,143回エヌテックブログ担当の佛崎(ぶつざき)です。

太陽熱温水器や電気温水器、エコキュート等でタンクにお湯を蓄える機器の日常の簡単な点検紹介です。
b0131012_18151050.jpg
タンクに設けられた『逃し弁』の点検です。
屋外のタンク本体の上部に小窓があります。
小窓内は『逃し弁』と呼ばれる、レバーが備えられています。
タンク内の水抜きや清掃などにも使用する弁なので、日頃から使い慣れておくと良いでしょう。

逃し弁の役割は、
電気温水器やエコキュートはタンク内のお湯の沸き上げ時、
太陽熱温水タンクは集熱時に膨張水を排出して、タンク内が高圧になるのを防ぎます。

そのため、動作が上手く出来ていないと故障の原因にもなりますので、
定期的な動作確認をお願いします。
b0131012_18151937.jpg
b0131012_18152993.jpg
動作の確認方法は、
小窓を開けて、内部のレバーを引き上げてタンク内の水を排出します。
下に戻すと止まります。2~3回程、動作を繰り返し、
排水と止水が問題なく行われているかどうかをチェックするだけです。
b0131012_18172205.png
排水と止水がちゃんと行われていないようなことがありましたら、
ご相談くださいませ。
メーカーメンテナンス担当の方と連絡をとし、点検・修理のサポートをさせていただきます。




エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
b0131012_17585565.jpg
エヌテックは「耐震住宅100%実行委員会:日本の家を100%耐震に。」に参加しています。
by ntecj | 2017-02-21 18:18 | メンテナンス事例 | Comments(0)