『暮らし省エネマイスター』

第3,218回エヌテックブログ担当 設計の谷口です。

昨日(5月12日)、市川と岡山へ行ってきました。

目的は、「直前すぎる!暮らし省エネマイスター検定試験対策セミナー」に参加するためです。

暮らし省エネマイスター」という資格は、エヌテックではすでに野坂と私とが取得しており、
私はセミナーで新しい情報を得るため、市川は5月25日開催の本試験対策として出席しました。

b0131012_2212946.jpg


今年になって刷新されたテキストが右側で、左が第一回目の試験を受けた時のテキストです。

内容が大きく変更されていて、例えばパリ協定のこと、省エネ基準が平成28年に改正されたこと、ZEHのことなども盛り込まれています。

そして、一番感心したことは、より実務に役立てることができる内容に改正されているということです。

例えば、一例を以下に挙げます。

<問題>
広島で、昭和55年以前に建てられた無断熱住宅に住む3人家族の家において、窓にハニカムスクリーンという断熱性の高いカーテンを付け、冬の晴れた日は積極的にレースカーテンを閉めないよう心がけ、暖房はファンヒーターとコタツを併用し、着る衣服を工夫して暖房の設定温度を22℃から20℃に変更した場合、暖房にかかるエネルギーはどれくらい削減できるでしょうか?

長い文章になりましたが、イメージ出来ますでしょうか?

省エネのために暖房エネルギーを減らす工夫をしてみた場合にどれくらい効果があるのかを簡単に計算する方法を、今回のセミナーで学ぶことができました。

計算方法は、テキストに載っているのでここではマル秘という形にして、結果はなんと61%も削減できます!

「省エネ」という一言も、人によって受け取り方は様々です。

光熱費が下がればいいと思う人もいれば、電気やガスや灯油の消費量が減ればいいと思う人もいたり。

省エネマイスターがアドバイスを行う時は、相手がどういう省エネを望んでいるのかを的確に判断し、適切な対処方法を実践することが求められます。

今回のセミナーを機に、私自身もまた新たに思い直し、省エネ活動に関して積極的な姿勢を示していこうと思います!









エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2017-05-13 22:27 | 快適・健康&省エネ住宅研究所 | Comments(0)