2017年 05月 12日 ( 1 )

第3,217回エヌテックブログ担当の飯田です。


本日はGW中に起こった我が家のプチ事件をお伝えしようと思います。


母が不在だったGW中、新しいキッチンを綺麗に保つ努力をしていました。

魚焼きグリルを掃除しようと引き出すと、なぜか中に水が入っていました。

引き出した瞬間にグリル内にあった水が一気にこぼれて床の杉板に…。

魚の臭いがついた水が大量にこぼれてしまいました。

焦った私は、普段キッチンなどの掃除で使っている「セスキ水」で拭き掃除をして魚の臭いが床板につくのを防ぎました。


30分後にキッチンへ行くと床がこのようになっていました。

b0131012_21314243.jpg

セスキ水をふりかけた箇所だけが真っ黒に…。

近くで見るとカビのようにも見えます。

急いでメンテナンス担当の佛崎さんへ連絡して事情を説明しました。

「セスキ水はメンテナンスで汚れを取る時に使うこともある」との事です。

使用したセスキ水の写真を送って見てもらうと、普段使っているものとは違ったようです。

さらに、裏の注意事項には「使えないもの」のなかに

【白木など水がしみ込みやすいもの】と書いてありました。

b0131012_21431979.jpg
注意事項を確認せずに焦って使用した私のミスでした。。。

とりあえず様子を見てみようという事になり、現在までそのままにしています。

真っ黒だった床板は日ごとに薄くなっていき、今はあまり気にならなくなりました。



「セスキ」はネットやテレビなどでもお掃除グッズとして大変人気ですが、使用箇所によっては注意が必要です。

また、同じセスキを使ったお掃除グッズの中にも種類が様々です。

特に無垢材や畳などのお手入れの際には、十分にお気を付けください。



エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2017-05-12 22:14 | メンテナンス(アイテム) | Comments(0)