2017年 05月 15日 ( 1 )

気をつけていること。

第3,220回エヌテックブログ担当の市川です。

いつもエヌテックスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

毎週水曜日、現場監督の土井長さんが『現場監督の仕事』というタイトルで
現場管理を行うにあたっての配慮やこだわりなどを紹介する記事を書いているのを
ご存知でしょうか?(現場監督の仕事 記事一覧はこちらクリック
すでにvol.86という長期連載(?)になっているのですが、
現場が滞りなく進むように、申請担当である私も気をつけていることがあります。

エヌテックでは、長期優良住宅だけでなく『住宅性能評価』を取得することも
標準としています。(住宅性能評価について詳しくはこちら⇒クリック

b0131012_15495884.jpg

『住宅性能評価』は設計性能評価と建設性能評価に分かれており、
設計性能評価は図面や構造計算書等の書面だけでの審査になりますが
建設性能評価は、設計性能評価で提出した図面通りにきちんと施工されているか、
着工~完成までの間に4回、検査員が現場に来て検査を受けます。

b0131012_15514711.jpg

(↑実際の現場検査写真(安芸高田市高宮町K様邸))

現場は日々進んでいます。現場監督の土井長さんとしっかり連絡を取りながら
一番いいタイミングで検査に入れるようにしています。
検査が遅れることで現場が滞ってしまわないように、
土井長さんの予定している工程どおりにきちんと現場が進むように、ということに気をつけています。

b0131012_16152786.jpg

b0131012_15522476.jpg

また、検査によって必要となる書類が変わってくるので書類を準備したり
検査項目を色分けして『今回の検査ではここをチェックする』ということが
検査員の方にもわかりやすいように、検査がスムーズに進むように気をつけています。

現場の運営が少しでもスムーズに進むように、土井長さんと同じように
私も細かな配慮を忘れず、業務にあたりたいと思います。



エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2017-05-15 16:19 | スタッフ通信 | Comments(0)