ひろしま育ち

b0131012_21553836.jpg


こんばんわ。

つい先ほど、事務所に戻ってきましたらお野菜が届いていました!

はくさい、だいこん。


b0131012_21593957.jpg



どれも、ひろしま育ちのお野菜です。

最近、実は、野菜が中心の食生活でして…

しかし、スーパーに行くと、贅沢なのでは!?

と思うほど野菜が高い!!

なので、すごく助かります。

S様、おいしく頂きます。有難うございました!


担当:佛﨑
by ntecj | 2013-01-31 22:01 | スタッフ通信 | Comments(0)

環境整備。

b0131012_21542417.jpg

こんにちは。
工務部の土井長です。

今日は現場の報告はお休みで、
エヌテックの倉庫をご紹介します。

管理は工務担当の僕がさせて貰っています。
倉庫には材料、道具、養生材等があります。

b0131012_21543394.jpg


b0131012_21543858.jpg


僕が言うのも変ですが、とても綺麗に整理整頓をしていて、
どこに何が、どのくらいの数量があるかなどを明確に管理しています。

倉庫に引き上げする時、現場から疲れて帰って来ると、
適当に物を置いてしまいグチャグチャになってしまうケースが多いと思いますが、
そこは、置き場所を明確にしてものと位置に戻す。

当たり前な事ですが、いざやるとなると難しい事です。
これからも持続出来る様に、しっかりと管理していきます。
by ntecj | 2013-01-30 22:07 | スタッフ通信 | Comments(0)

b0131012_16564293.jpg

谷口です。

今週金曜日に、広島で「認定低炭素住宅と改正省エネ基準 まるわかり解説セミナー」が開催されます。
解説者は、エヌテックが大変お世話になっている野池政宏さんです。

弊社からは、私と渡部君とで出席してきます。

b0131012_17162325.jpg

案内と事前配布資料です。
しっかりと予習をして当日のセミナーに臨みたいと思います。

昨年「認定低炭素まちづくり促進法」が制定されたことに付随して認定低炭素住宅が始まり、長期優良住宅と同等の税制優遇措置が受けられます。

そして、認定低炭素住宅の判定に改正省エネ基準の計算が用いられることになったため、
改正省エネ基準が昨年12月に告示されました。

ちなみに省エネ基準は、旧省エネ基準(1980年)→新省エネ基準(1992年)→次世代省エネ基準(1999年)→改正省エネ基準(2013年施行)と、オイルショックなど時代の流れと共に変更されてきました。そして、2020年には、改正省エネ基準が義務化される予定であります。

昨年はゼロエネ住宅に対する補助金制度なども開始され、国が住宅づくりに何を求めているかがよりはっきりとしてきました。

今回の省エネ基準の改正で大きく変わったのは、住宅の性能を一次エネルギーで考えるという点です。
また、パッシブデザイン的な要素が検討項目に加わったことも大きな進展ではないでしょうか?

住宅づくりでは、本当にいろいろな事を考えたりするわけですが、どういう点を重要視して計画していくかは千差万別です。
エヌテックとしての考えをわかりやすくしっかりとお伝えしながら、共感する家づくりをこれからも目指していきたいと思います。
by ntecj | 2013-01-29 18:04 | 快適・健康&省エネ住宅研究所 | Comments(0)

積雪ご注意ください!

b0131012_8314134.jpg



おはようございます。

昨晩から、しっかり雪が降りました。

今朝は、自宅前もエヌテック事務所前も積雪があったり、

路面が凍結している部分があったりと、危険がたくさんありそうです。

どうやらバスの利用客も多いようですし、早めの行動が必要になりそうですね!

早く日が当たり、路面が回復するのを願います!

b0131012_8352947.jpg


b0131012_8353860.jpg



担当:佛崎
by ntecj | 2013-01-28 08:36 | スタッフ通信 | Comments(0)

勉強会。


b0131012_20364518.jpg


日曜日ブログ担当の渡部です。

エヌテックでは毎週金曜日に社内勉強会。

「給湯」について勉強+議論。

家庭で消費されるエネルギーの約3割は給湯と言われています。

地域、使用機器、使用方法で多少違いはありますが、

給湯に使われているエネルギーは膨大です。

しかし、暖房などと比べてあまり対策が出来ていない部分でもあります。

上手く扱えば大きく削減できる所なんですね!

b0131012_20303667.jpg

松下さんが体験談を交えながら解説中。

b0131012_20324984.jpg


b0131012_20325726.jpg


高気密・高断熱は暖冷房削減が大きいと思われますが、

実は給湯にも深く関係しているんです。

浴室・脱衣室が寒い=シャワーの量・お湯の量が増える。

これは必然的だと思います。

これをどう分かりやすく伝えるかが僕たちの仕事ですね。
by ntecj | 2013-01-27 20:39 | works | Comments(0)

「そよ風」

b0131012_18491268.jpg

谷口です。

本日は午前中は下松へ打合せに、午後は先週お引渡しをした佐伯区のH様邸へ伺いました。

下松のM様邸新築工事は、2月初旬から工事が始まります。
SE構法の物件なので、どんな躯体が組み上がるのか3月初旬の上棟がとても楽しみです。

今日は、地鎮祭へ向けてのご説明や瑕疵保険・完成保証のご説明を行った後、外装材や色の打合せを行いました。

一つの建物が完成するまで、何度も打合せを重ねる必要がありますが、スムーズに意思疎通と決断が出来るよう、引き続き工夫を重ねていきたいと思います。


午後(夕方)に伺ったH様邸は、建物に入った瞬間、「あっ、あったかい!」という印象でした。

そよ風」の外気温表示は「4℃」
b0131012_1945712.jpg

一方、室温表示は「18℃」!
b0131012_1953077.jpg


H様が前に住んでいた家と比べると、特に「朝起きた時の寒くない感じ」が全然違うとおっしゃっていました。

H様邸は「そよ風」を搭載した住まいなので、高性能な断熱性能(Q値=1.77W/㎡K)に加えて「そよ風」の集熱効果もだんだんと力を発揮してくれるはずです。


さて、そんな「そよ風」が明日27日(日)TVで紹介されるとの情報が入ってきました。

番組名は、「大改造!!劇的ビフォーアフター 2時間スペシャル」。
このブログをご覧の皆様はご存知の番組だと思います。
どうやらリフォームする物件に「そよ風」を搭載するようです。

個人的には、大河ドラマと同じ時間帯なので、どちらの番組を生で見るか迷っているのですが
なんらかの手段を使いどちらも見られるよう企み中です。
by ntecj | 2013-01-26 19:25 | スタッフ通信 | Comments(0)

エヌテックあぐり米

b0131012_21101171.jpg



昨年は、いろいろな方から新米を頂きました!

お米大好きな、僕にとって、とても感謝しています!!

ということもあり…

2012年のエヌテックあぐり米をようやく精米してきました。

b0131012_2121499.jpg


b0131012_21211559.jpg


自分たちが、お客様と一緒に汗をかきながら育てたお米ということもあり、

格別に、おいしいです。

今年も是非ご参加くださいませ!初めての方、大歓迎です!!



担当 :佛崎
by ntecj | 2013-01-24 21:22 | スタッフ通信 | Comments(0)

東区のK様邸。

b0131012_19122629.jpg

こんにちは。
工務部の土井長です。

東区のK様邸。
今日は、和室の 『 床の間 』 にて作業中の棟梁(松林さん)。

b0131012_19124051.jpg

床材 - 欅(ケヤキ)
床柱 - 杉
幕板 - 檜
窓枠 - 檜

以上の仕様で施工します。

久しぶりの和室なので、仕上り具合がとても楽しみです。

b0131012_19124664.jpg


2F洋室のサッシ取付状況。
今回のサッシは、トステムのシンフォニーを採用しています。
とても断熱性能が高いサッシです。
しかし、いくら良い商品を採用しても、
良く考え、性能を活かす施工をしなければ、
今回の断熱改修工事の意味がありません。

b0131012_19125137.jpg

こちらは、サッシ廻りの断熱処理。
細かいところに配慮し、キチンと施工する。
こう言った積み重ねで、良い建て物と悪い建て物の差が出ると思います。
棟梁の松林さん。
『 いつも、細かい配慮を有り難うございます 』
引き続き、よろしくお願いします。
by ntecj | 2013-01-23 19:32 | スタッフ通信 | Comments(0)

b0131012_16211654.jpg

谷口です。

本日は、牛田東で改修工事中のK様邸の様子をお届けします。

b0131012_1623351.jpg

b0131012_16234545.jpg

1階は、天井の下地(プラスターボード)まで貼り終えています。
対面キッチンには吊戸が付くため、その下地組も施工中でした。
これから、和室の造作材や押入の工事が始まります。
窓枠はすでに施工が完了していました。材料は桧です。
b0131012_16303477.jpg


2階も一部の部屋の改修工事を行っております。
b0131012_16504678.jpg

この部屋の窓には、サーモスHをご採用いただきました。
フレームインタイプという納まりなので、内装まで完成した状態を見るのがとても楽しみです。


b0131012_16542361.jpg

もう一部屋の庭に面した掃き出し窓には、3枚障子の大きな窓を設置しております。
真ん中のガラス面が大きいので、迫力がありとても明るい部屋です。


b0131012_16503553.jpg

2階には和室もあるのですが、こちらは内装を変更しないため、慎重に窓の撤去を行っていただきました。


エヌテックの改修工事では、断熱性能の向上に重点を置いていますので、窓の改修や断熱材の施工がほとんどの現場で行われています。

K様邸も、解体を行いどういう所を断熱するか現場監督の土井長さんや大工の松林さんと相談して進めてきました。
事前にしっかりと計画が組まれているのが理想ですが、解体してわかることもあるため、現場での判断をしっかりと行って、改修して本当に良くなったねと言っていただけるよう、これからもがんばってまいります!
by ntecj | 2013-01-22 17:15 | スタッフ通信 | Comments(0)

樋のつまり

b0131012_1927188.jpg


最近の、僕の悩みは乾燥です。

そとで冷たい水にあたることが多かった昨年末は

手のアカギレが酷く…。

治ったかと思うと乾燥が進み、手の甲はぼろぼろです…。

ハンドクリームを一日4回は塗っています。

何かお勧めのお薬がありましたら、教えて下さい!


さて、以前お伺いしたお客様のお宅で5年点検を致しました。

お住まいは、山が近く山側から吹く風が強いこともあり、

枯葉が飛んできやすい環境です。

b0131012_1945479.jpg


案の定、樋の集水部から雨が漏るんですと、ご相談を頂きました。

ルーフバルコニー部にある樋だったこともあり、

枯葉だけでなく、髪の毛がネット代わりになり、

塵・ほこりも一緒にキャッチしている状況でした。

一番の大きな原因は、お子様のコレクションだったであろう、

ポケモンの丸いカードでした。

生活の用途や、土地の周囲の特徴を知ることは、

こんなところにもいかされ、対策方法をご提案できなければと改めて感じました。



担当:佛崎
by ntecj | 2013-01-21 19:46 | works | Comments(2)