<   2016年 02月 ( 33 )   > この月の画像一覧

第2,778回エヌテックブログ担当の市川です。

いつもエヌテックスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

今日で2月も終わり、春はもうすぐ…かと思いきや今日はとても冷え込んでいますね。
市内でもチラチラ雪が降っていました…。
天気予報をチェックしてみると、木曜日は最高気温が16度となっていました。
今週半ばから春に向けて徐々にあたたかくなっていくようです。
気温差で体調を崩されないよう、ご注意下さいませ。

さて今日は午前中、渡部さんに同行して北広島町役場へ行ってきました。
北広島町役場はガラス張りの外観がとってもかっこいいです。

b0131012_1627915.jpg

私がこれまで見てきた役所関係の建物の中で一番素敵だなと思うのが
北広島町役場なのですが、渡部さん曰く山口県庁もかっこいいとのことなので
いつか機会があれば是非見てみたいな、と思います。

役場では、これから新築工事が始まる土地について調査してきました。
今回は建物内の下水管について(土地内の下水を排出するための引込み配管はどこの位置にあるのか?)と
雨水の処理はどうすればよいか?(排出先はどこにすればよいのか?)などについてです。
下水道課、建設課の方に丁寧に教えていただきました。
雨水の排出先について教えて頂いたことをもとに
現況の雨水の排出経路はどうなっているのか?を現地に確認しに行きました。

敷地内にある枡を見つけて嬉しそうな私です。

b0131012_16425857.jpg

さっそく開けて中を確認しました。
(私はうまく開けることができず渡部さんに開けてもらいました。)

b0131012_16432539.jpg

役場で聞いたことをただ持ち帰るのではなく、聞いたことを実際に現地で見て確かめることで
自身の中での理解も深まり、なるほど、と納得できました。

申請関係の仕事をすることもあるので、一人で役所に敷地の調査をしに行くこともありますが、
電話などで問い合わせるのではなく、実際に役場に出向き、担当者と顔を合わせて話すことは
スムーズに申請業務を進めるうえで、大切なことだと思っています。
また、実際に自分の目で見て確かめることを大事にしたいと思っています。
知識が足りなかったり、話すのが少し苦手だったり…と
うまくいかないことも多々ありますが、とても勉強になります。

これからも「直接足を運び顔を合わせる」ことを大事にして
業務に取り組んで行きたいと思います。

エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2016-02-29 16:57 | スタッフ通信 | Comments(0)

第2,777回エヌテックブログ担当の市川です。

いつもエヌテックスタッフブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今日は廿日市市M様邸をお借りして「住まい手さんの家見学会」を開催しました。
見学会開催にご協力いただいたM様、誠にありがとうございます。
また、ご来場くださいましたお客様、ありがとうございます。

エヌテックでは「構造見学会」や「完成見学会」等の各種見学会を開催していますが
私の一番のオススメは「住まい手さんの家見学会」です!

b0131012_19234991.jpg

(M様邸施工事例はこちらからどうぞ→クリック

家づくりを考えていく中で、「どこの会社に頼むのが一番良いんだろう?」と
誰でも一度は必ず考えると思います。
その中で「気になっている会社で、実際に家を建ててその家で生活している人の生の声」を聞けたり、
家づくりを進めていくうえでの不安や疑問などについて、
同じようにいろいろな不安を抱えながらも、その不安を一つ一つクリアし
夢のマイホームを手に入れた、いわば「家づくりの先輩」から
話を聞けることは、会社選びや今後家づくりを進めていく中で、とても大きいと思います。

b0131012_19245856.jpg

「実際、ここ(この会社)での家づくりは成功だったのかどうか」は
実際に住んでいる人に話を聞くのが一番です。
見た目のかっこよさや素敵なデザインは完成見学会やモデルハウスでもわかりますが、
使い勝手や温熱環境(暑い・寒い)は、目に見えてわかるものではなく
実際に生活してみなければわかりません。
住んでみて初めてわかることは、実際問題とても多いです。
(ネガティブなことだけでなく、「この間取りにして正解だった!」などのポジティブなことも。)
また、実際に生活をしている場を見れるので「見学に行った家のリビングのサイズが丁度良かったな」や
「キッチンが素敵で使いやすそうだったから、我が家も造作でお願いしようかな」など
いろいろなイメージが沸きやすいと思います。

b0131012_19302643.jpg

実際に住んでいる人の生の声が、会社選びの大きな決定打になることもあると思います。
私個人としては、住まい手さんの家見学会はとってもいい機会だと思いますし、
エヌテックに興味があったり、家を建てたいと考えて頂いている方には
是非参加していただきたいなあ、と思っています!!

エヌテックでは毎月、OB様にご協力をいただき、「住まい手さんの家見学会」を開催しています。
次回3月は、現在新築工事真っ只中の現場を見ていただける「現場見学会(構造見学会)」と
「住まい手さんの家見学会」を一日で網羅できる「家づくりガイドツアー」を開催予定です。
(詳しくはこちらをご覧ください→クリック
日程を調整中ですので、開催日が決まり次第、HPやブログ等でお知らせ致します。
先着5組様限定ですのでご予約はお早めに!
(ご予約はこちらからどうぞ→クリック

皆様のご予約・ご参加をお待ちしております!


エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2016-02-28 19:46 | イベント情報 | Comments(0)

あんな家具、こんな家具

第2,776回エヌテックブログ担当 設計の谷口です。

昨年末に完成した我が家。
1月31日に完成見学会を行ったところ、多数のお客様にお越しいただきました。
その際、何人かのお客様から置いていた家具についてご質問を受けたので、皆様の家づくりのご参考になればと思い、今日はそのことについて紹介しようと思います。

b0131012_1325869.jpg


ソファーは「匠ソファ」で購入しました。
現在は、京都・大阪・東京にショップがあります。
国産ソファで座り心地が抜群という点で購入に至りました。
膨大な生地サンプルの中から最終的な色を決める時は悩みましたが、生地サンプルのレンタルを行っていたので、広島に居ながらゆっくりと生地選びも出来ました。
2.5人掛けで、座面の奥行きも広いのでソファの上でくつろげる点もこのソファの特徴です。

中央の黒い椅子は「カリモク家具」です。カリモク60というシリーズで復刻され、インテリアショップなどでよく目にされる方も多いと思います。
我が家にあるのは、復刻前の古いもので、運よく中古品を手に入れることができました。

緑のクッションが載ったこげ茶の椅子は、「天童木工」が販売している柳宗理デザインのバタフライスツールです。
これは、大学の友人達が私の結婚のお祝いに贈ってくれた思い出の椅子なので、ありがたく使っております。

右端のグレーの椅子は「キタニ」で購入。
デンマーク人、イプ・コフォード・ラーセンがデザインしたもので、10年くらい前に思い切って購入したお気に入りの一品です。

その、ラーセンがデザインしたサイドボードがあるということを知り、中古ショップでいろいろと検索していて、今回新居に移るのを機に、サイドボードを購入しました(窓の下にある横長の家具です)。
購入したお店は福岡にある「eel(イール)」。
中古品ですが、再塗装などメンテナンスもしっかりとした対応をしていただきました。

ソファーの周りにあるテーブルも中古品です。
日本の居間の風景として、ソファーの前にドンとテーブルがあることが多いですが、我が家では妻の提案でネストテーブルという入れ子になったものを置くことにしました。
大・中・小の3つのテーブルを好きな所に置け、一つにまとめて納めることもできるので、来客時など何かと重宝しています。
購入したお店はこれまた福岡で「ブライトン」というアンティークショップです。

最後にフロアランプですが、これは東京にある「スタンダードトレード」の商品です。
同型のデスクランプを長年寝室で使っていて、素地の真鍮のくすみ具合がとても気に入っていたので、今回新たにフロアランプを購入しました。
これからいい感じにくすんでいってほしいと思います。

以上、つらつらと書いてきましたが、お気に入りの腕時計を買ったり、カバンを買ったり、車を買ったりする方がいらっしゃるように、、私は家で使う家具についても、しっかりと吟味してお気に入りのものを末永く使い、さらに次世代に引き継がれていくという文化が日本にも根付いてほしいなぁと思っています。
皆様のご参考になれば幸いです。




エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2016-02-27 14:26 | 日々設計 | Comments(0)

第2,775回エヌテックブログ担当の飯田です。

今週末(2/28)は廿日市市にて住まい手さんの家見学会を開催致します。

現在、数組様のご予約を頂いておりますが、現在もご予約受付中です。

是非ご参加くださいませ。

そして、3月は一度に2邸をご覧いただける「家づくりガイドツアー」を開催致します。
b0131012_12554540.jpg
↑こちらは現在進行中のN様邸。

先日構造見学会を開催したお住まいです。

N様邸は現在内部の木工事を行っております。

3月の見学会では、構造見学会の際にはまだ取り付けていなかった樹脂サッシや断熱材の施工も終わり、室内ではその断熱性の高さや防音性能を実感できます。

↓そしてK様邸。
b0131012_12591967.jpg
K様邸は「湿度の調節」に挑戦するため「デシカ」という設備を導入したお住まいです。

デシカは家全体の湿度調整と換気を一年中行うことによって、各部屋の湿度と空気質を常に心地よい状態に近づけることが可能です。

実際に「デシカ」を導入した暮らしはどうなのかを住まい手さんに直接聞くことができます。

いずれも佐伯区観音台のお住まいです。

N様、K様ご協力をいただきまして誠にありがとうございます。


限定先着5組様となっておりますので、ご予約はお早目に。

現在日程調整中ですので、開催日が決定致しましたら改めてお知らせ致します。

イベントページで3月のイベントを是非チェックしてみてください。
イベントページはこちら>>>



エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2016-02-26 13:07 | Comments(0)

大切な模型を…。

第2,774回エヌテックブログ担当のボンです。

お客様との打合せで使用していた大切な模型を
勢い余っていくつか壊してしまいました…。

b0131012_13364755.jpg

模型を壊すのみならず、隣地に建つ家に見立てた発泡スチロールも
ガリガリとかじってしまいました。
飯田さんが修理してくれています。
すみません…。元通りに直りそうですか?

反省部屋(ゲージ)に入らずともしっかり反省します…。


エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2016-02-25 13:43 | ボンの営業日誌 | Comments(0)

第2,773回エヌテックブログ担当の 松下 です。

いや〜〜、春近しと思いきや・・・
まだまだ厳しい寒さは続きそうですね。
天気予報を見ると、今週末(2月27日:土)までは気温が低いようです。

どうぞ、しっかり暖を取って体調管理にご注意くださいませ。


さて、家づくりの計画の中で、
何で暖房や冷房(暖と涼を取る)をするか、
は、非常に重要な問題です。

エヌテックにも、
「光冷暖って、どうですか?」
というお問い合わせがままあります。


光冷暖の作り出す快適環境や、仕組みはどうなっているのか?
がご質問の内容です。
説明を聞いて、いいなあ・・・と思い、ただ設置したとしても
期待通りの結果(快適効果)は得られないと思います。


なぜなら
光冷暖に限らず、
エアコン、ストーブ類、など様々な暖冷房設備は全て、
熱の物理現象を利用したもので、
これらを利用して快適な温熱環境空間を作り出すには

「熱の移動を最小限にする躯体性能(窓含む)」

があること、が大前提になります。


「暖かい空気は軽く上昇し、冷たい空気は重く下がる」

「熱は高い方から低い方へ移動する」


という自然界の絶対的な物理現象に建築物が支配されているため
そこを理解し、どうコントロールするかの手立てが
暑い寒いの問題解決の「要」となります。
実は、設備は、手立ての最終手段なのです。


物理現象である「熱の出入り」をコントロールするには、

「断熱+気密の両方」

が揃っていることが必須条件です。


暖冷房機器類は
ポンと設置すればオッケーな家電製品(電子レンジや洗濯機など)とは
実際、わけが違うのです。



そして、素晴らしい設備に高レベルな計画があっても、
建築における最大の関門は、
「現場での施工」です。


どんなに素晴らしい断熱気密計画を描いても、
それを実現するのは、
あくまでも現場 = 人間の手です。



チマチマした丁寧で粘り強い作業があって実現する「断熱。気密」。
(ちなみに、計画通りかどうかを測定して確認できるのは、
「気密」だけです。)


最大のキーマンである”現場監督”が十分な知識を持っていること、
関わる職人さん方
(大工さん、電気屋さん、給排水屋さん、サッシ屋さん・・・etc)
も、目的を理解し何をどうすればいいか分かっていること
が求められます。


バランスが取れた断熱+気密があること、
そしてそれを実現できる現場力があること、
この両方があって快適設備は本来の力を発揮します。


まずは、目的(コンセプト)を持つところから始まり
目的に向かって知識を習得し計画し、
目的を理解し、現場で実現する。


「事件は現場で起きている」


って、建築も同じです。




エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2016-02-25 09:00 | Comments(0)

現場監督の仕事31。

第2,772回エヌテックブログ担当 現場監督の土井長(どいなが)です。

先日、メンテナンスをさせて頂いている幼稚園で、
佛崎と一緒に、園児室の床(無垢)のササクレ防止対策作業に行って来ました。

b0131012_20242743.jpg


b0131012_2025045.jpg


b0131012_20251315.jpg

現時点では、日中は園児のみなさんが居るので、
全体的なヤスリ掛けや張替え等の修繕作業が出来ません。
また、大型連休まで期間がある為、早急な対応ができません。

なので、この度は佛崎の提案により床養生を敷き並べる事で、
子供さん達の安全を確保する事にしました。

b0131012_20252239.jpg


養生の作業完了後には、

1.滑りやすくないか?
2.足を引っ掛けてしまわないか?

などの安全確認です。

b0131012_20253732.jpg


そして、養生作業完了後は荷物を元通りの位置に設置。

b0131012_20254983.jpg


b0131012_20255989.jpg


これで、全ての作業が完了です。

この様に、急を要すこともあるので、
現場監督の業務は指示出しだけではなく、時には作業を伴います。
最低限の道具・知識・手先の器用さが求められます。

現場で、職人さん達の作業を把握する事は、
こう言ったときに役に立つので、とても大事です。

エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2016-02-24 08:00 | 現場監督の仕事 | Comments(0)

第2,771回エヌテックブログ担当の佛崎(ぶつざき)です。

先日、お客様より「お湯が出ない!」と、ご連絡を頂きました。
この時期にお湯が出ないことは、大変不便なので取り急ぎ対応をさせていただきました。

しかし、原因は故障ではなく、太陽熱給湯システムのリモコン設定が原因でした。
b0131012_09362974.jpg
弊社では、長府製作所/エネワイターの商品で、
『太陽熱給湯システム』の導入をおススメしております。
このたび、導入をしていただいたお客様宅で起きた事例のご紹介です。
商品のリモコンの表側には、2つのスイッチがあります。
ひとつは電源スイッチで、もうひとつが『ecoゆ』スイッチです。
b0131012_09365617.jpg
この、『ecoゆ』の機能は、太陽熱給湯で得たお湯のみでまかなう設定です。
お湯が採れていなくても、太陽熱タンクから直接水を供給するようになるので、
お湯をだしても、温まっていないので水しか出てきません。
夏の時期など、太陽の恵みをたくさん得られる時期には最適な機能です!
b0131012_09373054.jpg
リモコン蓋を開いていただくと、左側に給湯設定を選べるようになっています。
この時期は太陽の恵みがなかなか得られないので、
『自動』もしくは『給湯器』でご使用いただけると良いのです。
お客様のお住まいでは、表側の『自動』が設定されていたが、表側の『ecoゆ』がONになっていました。

リモコン内部の給湯設定を『自動』にしていても、表側の『ecoゆ』をONにしていると
『ecoゆ』が優先されてしまいますので、ご注意ください!













エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2016-02-23 10:23 | 住宅再生工房 | Comments(0)

布団干しを楽チンに!

第2,770回エヌテックブログ担当の市川です。

いつもエヌテックスタッフブログをご覧いただきありがとうございます。

エヌテックスタッフブログで使用している「エキサイトブログ」というサイトでは
どの記事がよく見られているのか、を知ることが出来るのですが
私が以前書きました、「洗濯物干し場について。」の記事は
半年経った今でも多くの方にご覧いただいています。

洗濯物は毎日のこと。毎日行う作業だからこそできるだけ楽をしたい!ですよね。
よく晴れた気持ちの良いお天気の日に干したくなるものは
日々の洗濯物以外に「布団」がありますよね。
ぽかぽかのお日様の下で干した布団は、ふかふかしていて気持ちが良いものです。
でも、布団は軽いものではありませんし、家族みんなの布団を全部干すとなると
かなりの重労働です。特に冬場は敷布団・掛け布団・毛布…など量も多くなります。
できれば布団を干すのも楽になれば良いのに…と思ったことはありませんか?

b0131012_17183583.jpg

b0131012_1719373.jpg

上の写真でご注目いただきたいのは窓の前面に取り付けられている
「物干(布団干し)バー」です。
この物干バーは寝室などお休みになるお部屋の近くの窓(2階の窓)に設けられています。

2階建てのお住まいで、2階に寝室があり、1階の庭にある物干竿に布団を干すことを考えると、
2階から布団を持って下りてきて、外に出て(靴を履いて)、布団を干す…となかなかの重労働です。
干し終わってお部屋に持って上がるのも一苦労ですよね。

ところが寝室の近くに物干バーがあれば、布団を持って行って干したり
干した布団を部屋に戻したりする距離も短くて済みます。
また上の写真のお住まいは南側に面した窓に物干バーを設けているので、
干した布団は、ぽかぽかのお日様の光をいっぱいに浴びることができます。

b0131012_17323651.jpg

重労働な布団干しを、できるだけ楽に行えて、しかも干した布団はふかふか…という
ちょっとしたことのようですが、とても考えられている点だなと思います。
エヌテックのつくる家には、使い勝手がよく日々の暮らしが快適になる工夫がいっぱいです。
(過去の記事はこちら→お掃除編「日々の掃除を楽チンに!
           収納編「ゴミ箱のスペースを考える」などなど…)

使い勝手がよく、家事のしやすい家は「ずっと好きでいられる家」ではないでしょうか?


エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2016-02-22 17:55 | スタッフ通信 | Comments(0)

窓に求めるもの。

第2,769回エヌテックブログ担当 設計の渡部です。

エヌテックで標準仕様にしているシャノン製の樹脂サッシ。
b0131012_15435269.jpg

これまで樹脂製の窓についての紹介は何度かしてきましたが、
多くは断熱性能についての内容が多かったと思います。
確かに窓だけで 室内の暖かさ や 涼しさ は格段に変わります。
樹脂サッシの大きな魅力に間違いありません。

合わせてお伝えしたいのが遮音(防音)性です。
b0131012_15303971.jpg

シャノン製の樹脂窓の遮音性能は性能表示で示されている最高等級3をクリアしています。
実際に暮らしている住まい手様からは「電車の音が気にならなくなった。」や
「室内で子供達も気にせず遊べるようになりました。」など感想も。

音の問題は大小関係なく暮らしの中で気になるところではないでしょうか?
建物の防音性もサッシ本体の性能と確かな施工によって得られるものです。

2月28日(日)には住まい手様の見学会も予定しています。
使用しているサッシは勿論、シャノン製の樹脂サッシです。
b0131012_15434048.jpg

体験していただくのが一番分かりやすいと思います。
皆様のお越しを心よりお待ちしております。

エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2016-02-21 16:02 | 快適・健康&省エネ住宅研究所 | Comments(0)