人気ブログランキング |

枠材(杉)野崎銘木店

b0131012_17322359.jpg


家の中には、何気なく、当たり前に付いている木枠たち。

建具が稼働するために必要な、『敷居』や『鴨居』

床と壁、壁と天井の見切りにある、『巾木』や『廻縁』

大工さんが間仕切りや造作の工事を行うのに、大変重要な化粧枠材。

エヌテックでは、杉材を主に使用し、お住まいの空間を

たくさんの協力業者と造っていきます。

この度は、エヌテックの住まいの枠材の紹介です。

先日、ある新築現場の加工材を受け取りに行きました。

b0131012_183336.jpg


b0131012_1834765.jpg


b0131012_1844452.jpg


工場の前では、従業員の方々が製材してきた原木の皮剥がしを行っていました。

工場では、水圧で皮を剥いだりするのですが

こちらでは全て手作業。

まさに『剥がして帰りなさい』と言わんばかりの、タイミングです。

1本だけお手伝いをさせて頂きました。

b0131012_1852838.jpg


この作業は、乾燥させる前に必要で、皮を残したままだと虫が湧いてしますのです。

だから、皮の剥がし忘れは大変な事なんです!

お手伝いした1本も剥ぎ終わったと思いきや、

b0131012_186639.jpg


b0131012_1861915.jpg


皮がまだ残っているじゃないかと、注意されてしまいました…。

会長のお父様が続きを仕上げてくれましたが、

お手伝いになったのかどうか…。

しかし、木材を使う以上、とても必要な経験でした。

現場で工事をされる方々が、目立つのは当然ですが

裏方の協力業者様も、エヌテックの住まいづくりに共感し、携わってくれています。

この木材が使用されるのは、1年後ですかね…。


担当:佛崎
by ntecj | 2014-04-10 18:06 | スタッフ通信 | Comments(0)