人気ブログランキング |

樹脂窓

b0131012_1620924.jpg

谷口です。

いよいよ寒い季節になりますね。
断熱性能の低いアパートに住む我が家では、なかなか朝すんなりと布団から出られません。
性能の良い家をご提案しているだけに、性能の悪い家の不満足さは日に日に積もるばかりです。


さて、タイトルにもありますが、樹脂窓の動きが活発化しております。
b0131012_16323712.jpg

現在エヌテックではシャノンの樹脂窓を標準仕様としてご提案しています。
こちらはシャノンさんからいただいた資料。
これからの季節で気になる点の一つ、窓の結露についてアルミ樹脂複合サッシとの違いを説明してあります。
樹脂とアルミで熱の伝わり方が1000倍違いますので、当然結露にも違いが出てきます。

b0131012_1642738.jpg

こちらはYKK APの資料です。
雑誌ソトコトの12月号の付録として「マドコト」と題して大々的に特集を組んでいます。
表紙のタイトルにもある通り、「健康」をキーワードに一般消費者の方にもわかりやすい内容で樹脂窓アピールが展開されています。
世界的に見ると、日本の樹脂窓普及率は7%である一方、アメリカ67%、ドイツ60%、中国22%。
メーカーも樹脂窓の普及に当然力を入れてきますね。

b0131012_1650475.jpg

LIXILも来年1月にトリプルガラスも選択できる新しい樹脂窓を発売します。
トリプルガラスの中間のガラスの厚みを1.3mmにして、窓を開閉する際の負担を軽減。
いよいよ樹脂窓が各メーカーから出揃った感じです。

ただ、窓は組み合わせであるという事を忘れてはいけないと思います。
窓の外側には、雨戸・シャッター・ブラインド・すだれ・よしずなどを組み合わせることもできますし
窓の内側には、カーテン・ロールスクリーン・障子・ブラインドなどを組み合わせることもできます。

建築側でできる提案以外にも、住まい手側でできる工夫もあるので、その点を忘れずに最適な窓選びを行わなければなりません。
by ntecj | 2014-11-18 17:04 | 快適・健康&省エネ住宅研究所 | Comments(0)