人気ブログランキング |

窓に拘る理由。

第2,493回エヌテックブログ担当の渡部です。

改めてブログ更新回数を見ると凄い回数ですね。
これからも継続して良い情報発信の場としても活用できるようにしたいと思います。

さてエヌテックでは現在外部サッシは樹脂製を標準仕様として採用しています。
そもそもサッシに拘る理由は何なんでしょうか?

b0131012_1543834.jpg


外皮の面積割合 と 各部位熱損失の割合を示したものです。
面積に関しては外壁が圧倒的に面積が多く全体の5割近くを占めています。
対して窓は全体の1~1.5割程度の面積。

続いて熱が移動する割合は 外壁は 約2.5割 で サッシは約3割となっています。
熱損失の割合に関しては、開口率でも大きく変わるので一概に性能だけとは限りません。

注目したいのは外壁の面積に対する熱の移動 と サッシの面積に対する熱の移動の比率です。
外壁は面積が多いので熱の移動もそれなりにあります。
サッシは面積に比べて熱移動がかなり多いことが読み取れます。
建物内で一番熱移動が多いのは窓ということがわかります。

感覚として窓の冷気や熱気は多いのは実感できますが、データにしてもこれだけの差がわかります。
b0131012_1635237.jpg

大開口の窓を使用したいと考えるなら尚更性能の高い窓が必要というわけです。
窓を考えずして性能をあげるのは難しいのです。

他にも樹脂サッシの魅力は多々あるので、ブログでも少しづつ上げていきたいと思います。

b0131012_162639.jpg


エヌテックのホームページはこちらからどうぞ!
イベント情報はこちらです!
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2015-06-14 16:48 | works | Comments(0)