人気ブログランキング |

現場監督の仕事1。

第2,504回エヌテックブログ担当の土井長です。

木造住宅を造る建設業の中で、現場監督の業務内容はほとんど知られていないようです。
『 設計は住宅を設計する業務。工務は、設計する訳ではないし、職人さん達みたいに造っているわけでもありません。日常の業務は何をしているんですか? 』 っと、よく質問されます。

教科書通りのお答えで、一戸の住宅造りを行う上で安全・工程・品質・予算を管理する事が主な業務ですとお答えすると分かりにくいと思いますので、一部、本日の私の業務内容を紹介致します。

b0131012_22513758.jpg


b0131012_22514411.jpg


b0131012_22515167.jpg


内容はT様邸改修工事現場の施工図の作成業務です。
これは品質管理業務の内容です。
設計チームがお施主様と打合せした内容をもとに平面図などの設計図を作成します。
そして、現場監督である私がその設計図をもとにしっかりと設計の谷口さんと打合せを行って、木製建具の枠材・階段材・窓枠などの詳細を考えて1.0mm単位の寸法を確認出来る図面を作成します。これは、材料屋さんに材料を発注する為でもあり、その材料を職人さん達にどの様に組立てていくかなどを指示する為の図面でもあります。また、その図面を作成する事でお施主様と設計者の意図・想い・拘りを誰よりも理解して、隅々まで立体的にイメージして各職人さん達にしっかりと伝達が出来ます。

材料が現場に搬入される際に、図面通りの材料が出来上がっているかを確認して職人さんに組立て・取付け方を説明して、作業後の仕上がりを確認します。

設計者が良い設計を行っても、現場監督がその想いを汲み取る知識と意識がなければ、良い家造りは出来ません。また、その想いを職人さん達にしっかりと伝えることが出来なければ、良い家造りは出来ません。
お施主様・設計者・職人さん達・近隣の方々とコミニケーションをしっかりと計れる懸け橋になる事が重要な役割だと思います。

b0131012_23442083.jpg


エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2015-06-24 23:44 | 現場監督の仕事 | Comments(0)