人気ブログランキング |

30㎝の秘密。

第2,596回エヌテックブログ担当の市川です。

まずはこちらの写真をご覧ください。

b0131012_15101548.jpg

b0131012_15104948.jpg

上の2枚の写真で注目して頂きたいのは「コンロと壁までの距離」です。
今日のブログタイトルの「30㎝の秘密」はここにあります。

一般的なシステムキッチンのコンロから壁までの距離は15㎝ですが
エヌテックではお客様のお好みに合わせたオリジナルキッチンを制作する際、
このコンロから壁までの距離を30㎝としています。

こちらは以前の谷口さんが「キッチンのタイルで調理を楽しく。」で紹介されていたキッチンです。

b0131012_15111787.jpg

お引渡しから3年半ほど経ったお住まいですが、ご覧のようにコンロ付近のタイルはもちろん
目地もきれいなままです。キッチンの壁の汚れのほとんどは
調理中のフライパンなどから飛び散った油によるものです。コンロから壁までの距離が近いと
いくら気をつけていたとしても壁に油が付着してしますのです。
その油を付着しにくくするために、30㎝のスペースをあけています。
松下さんが以前ブログに取り上げていた「ガスコンロ周りの汚れについて。」に詳しく取り上げられていますのでこちらも是非ご覧ください。

また、30㎝のスペースにはヤカンやフライパンなどを置いておくのに重宝します。
一般的に家庭でお使いになるフライパンの大きさは直径26㎝のものが主流です。
30㎝のスペースにぴったりと収まる大きさなので、火から外した際に一旦置いておくのに使えます。
調理台のスペースに置かなくても済むので、調理台のスペースを広々と有効に使えます。
「一時的に物を置いておくスペース」ってどこにでもあるようで、実際には少し困ったりするものです。
その少しの不自由さ(ストレス)も解消できるよう、この30㎝の距離感は重要なのです。

この僅か30㎝のスペースには日々の調理やお手入れを便利で快適にするための
設計の工夫が隠されているのです。

======================================

昨日、今年度最後のあぐりくらぶ(稲刈り)を行いました。
ご参加いただきましたお客様、ありがとうございました。

私は今回が2回目の稲刈りの参加でしたが、刈られた稲を藁で束ねる作業がとても難しく
農家の三浦さんに直接ご指導いただきましたが、なかなかうまく出来ませんでした。

b0131012_169814.jpg

達成感に満ちた顔をしていますが、特に大きな仕事をこなしたわけではありません。
次回はもっとテキパキと作業できるよう、イメージトレーニングから始めようと思います。
また今回の稲刈りは前日の雨で足元が悪く、長靴の重要性を思い知らされましたので、
来年度は長靴を買ってあぐりくらぶに臨みたいと思います!

繰り返しになりますが、あぐりくらぶにご参加いただいた皆様、ありがとうございました。
またあぐりくらぶ開催に際しご協力をいただいた全ての方に御礼申し上げます。


エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2015-09-14 16:11 | 日々設計 | Comments(0)