人気ブログランキング |

窓のメンテナンス(クレセント)

第2,637回エヌテックブログ担当の佛崎(ぶつざき)です。

鍵の種類の中で引き違い窓の鍵を『クレセント』と呼びます。
クレセントのかかりが悪いときには、複数個所のビスの締め付けで改善されることがほとんどです。

赤丸の①と②はクレセントの台座がグラついたり高さ調整をするときに使用します。
青丸の③は、クレセントの左右の位置を調整するのに使用します。

b0131012_20585434.jpg

どのメーカーのサッシも同等のメンテナンス方法なので、ビスの位置もそっくりです。
ビス自体はむき出しになっておらず、樹脂カバーで隠してあることがほとんどです。
かならず、取り外し用の差込口があるのでマイナスドライバーなどを差し込むと
簡単にはずすことができます。

b0131012_2113923.jpg

日ごろの施錠時に違和感を感じたら、調整してみてください!
ご不明な点は、もちろん佛崎(ぶつざき)までご連絡ください。



エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2015-10-20 08:39 | メンテナンス事例 | Comments(0)