耐震構法SE構法 上棟式(安佐北区倉掛)

第2,848回エヌテックブログ担当 設計の谷口です。

昨日(4月29日)は広島市安佐北区倉掛にて、N様邸の上棟が行われました。
N様ご家族にはお忙しいところご出席いただき、誠にありがとうございました。
8月末の竣工を目指して協力業者一同力を合わせて取り組んでまいりますのでどうぞ宜しくお願い致します。

b0131012_16521439.jpg


タイトルにも書きましたが、N様邸は耐震構法SE構法で建てる木造2階建て(ロフト付き)のお住まいです。

きちんと構造計算を行い、耐震等級3、台風等級2(ともに最高等級)を確保した、安心・安全なお住まいです。

b0131012_172790.jpg


上棟の最中にN様とお話した際も、「今回の大きな地震があっただけに、SE構法にして本当に良かった。」とのお言葉をいただきました。

大きな震災のたびに古い木造家屋が倒壊した映像が流れ、「木造=地震に弱い」というイメージを持たれる方もいらっしゃると思います。

b0131012_176929.jpg


でも、ちゃんと構造計算や考えてプランニングを行えば、木造でも地震に強い家はつくることができます。

SE構法を例に挙げますと、東日本大震災(2011年)が発生した時も、震度5強の揺れを経験した建物が4500棟、震度6弱以上は1227棟でしたが、主要構造部に被害を受けた建物は0棟だったと確認されています。

また、新潟県中越地震(2004年)で、木造建築物の90%が大破・倒壊した「激震ゾーン」でも、SE構法の建物は大きな損傷も無かったことも確認されています。

b0131012_17193665.jpg


広島でもいつか来るはずのまさかの地震の時も、避難する必要のない安全な木造住宅が実際に存在することを、私たちももっと伝えていかなければならないと思っています。

そして、こちらのN様邸の構造見学会を5月15日(日)に開催致します。
また、SE構法だけでなく構造に関する知っておいていただきたいことをじっくりお伝えするハツイエセミナーは5月8日(日)14時~開催致します。

地震に強くて快適に住み続けることのできる家のヒミツを私たちエヌテックがわかりやすくご案内致します!





エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。

b0131012_17585565.jpg

エヌテックは「耐震住宅100%実行委員会:日本の家を100%耐震に。」に参加しています。
by ntecj | 2016-04-30 17:40 | 日々設計 | Comments(0)