SE構法の見学会を開催します。

第2,852回エヌテックブログ担当 設計の渡部です。

先日無事上棟式を迎えたN様邸。5月15日(日)に構造見学会を開催致します。

家を支える構造躯体にはSE構法を採用頂いています。
SE構法の強みと言えば、安定した「耐震性」でしょう。

特にSE構法の接合部は大きな特徴だと思います。
b0131012_13431868.jpg

b0131012_1343273.jpg

材料の強度が明確にされているのもありますが、
各部材の接合部がどのように施工されているのかで、耐震性は大きく変わります。
地震時等で建物にかかる膨大なエネルギーの中で、構造材の接合部は特に大きな力を受けます。

b0131012_1442871.jpg

感覚的に金物を設定するのではなく、計算を行えば接合部位ごとに必要な耐力が出てきます。
その数値に耐えうる接合金物を使用するのが大切です。これは全ての建物に言える話と思います。

大きな空間などを形成するほど、必要となる耐力も増えていきます。
SE構法ってどんなものなのか実際に見ていただきたいと思います。

正直、他の工法でも耐震性の高い建物は出来ます。
エヌテックでも在来工法の建物も必ず構造計算を行い耐震性を確保しています。
SE構法によるメリットをこの見学会でお伝え出来ればと思います。

皆様のお越しをお待ちしております。

2016年 5月 15日(日)
10:00 〜 16:00 
尚、当日は予約制としております。
ご希望の方は電話(082-509-5771)又はイベント申込みまでご連絡ください。



エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。

b0131012_17585565.jpg

エヌテックは「耐震住宅100%実行委員会:日本の家を100%耐震に。」に参加しています。
by ntecj | 2016-05-08 14:38 | イベント情報 | Comments(0)