人気ブログランキング |

コンパクトなリビング。

第3,056回エヌテックブログ担当の市川です。

いつもエヌテックブログをご覧いただきありがとうございます。

寒い日が続き、家の中で過ごす時間も段々増えてきたのではないでしょうか?
家の中で家族みんなが集まる場所、といえば「リビング」という方も多いと思います。
私も家にいる時間のほとんどはリビングで過ごしています。

こちらはW様邸(安芸郡海田町)のリビングです。

b0131012_1995665.jpg

こちらはW様邸(広島市佐伯区)。(施工事例はこちらから→クリック

b0131012_19101295.jpg

上の2軒のお住まいは、全てリビングの広さは3畳です。

3畳、と聞くと「えっ、狭くない…?」と思われる方が多いかと思います。
でも、この3畳は「狭い」のではなく「ちょうどいい大きさ」なんです。

こちらは広いリビングの例です。

b0131012_19103064.jpg

例えばテレビを見ようとソファ(☆マークのところ)に座ります。
するとソファからテレビまでの距離は約3m…ちょっと遠いと感じませんか?
テレビの適度な視聴距離はテレビ画面の高さのおよそ3倍と言われています。

b0131012_19104640.jpg

テレビが40型だとすると最適な視聴距離から2倍も離れたところでテレビを見ることになります。
そうなると、テレビが見えにくいからソファの下に座ってしまったり
テーブルの前に座ったりすることになりそうです。
せっかく広々としたリビングですが、リラックスしてテレビを見ることは難しそうです。

b0131012_19204821.jpg

3畳のリビングの場合だと適切な視聴距離でテレビを見ることができそうです!
また3畳のコンパクトなリビングの場合は、ソファとテレビの間にローテーブルを置くと狭く感じてしまうので
小さめのテーブルをソファのすぐ横に配置すると
すぐ手の届くところに飲み物やリモコンを置くことができるのでオススメです!

b0131012_19202610.jpg

もちろん、生活スタイルにもよりますが「広い=居心地がいい」とは一概には言えず、
コンパクトでも落ち着ける、人の動線が気にならずリラックスできることが
リビングには重要な要素だな、と感じます。
(関連記事→「通路にならない」リビングの配置。

今朝、この本を谷口さんから貸してもらいました。

b0131012_1920465.jpg

ぺらぺらと読んでみると、どうやら収納も「広ければいい」
「たくさんあればいい」というわけではないようです。
この本をしっかり読んで、また皆さんに何か有益な情報をお伝えできればと思います!



エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。

b0131012_17585565.jpg

エヌテックは「耐震住宅100%実行委員会:日本の家を100%耐震に。」に参加しています。
by ntecj | 2016-11-21 19:23 | スタッフ通信 | Comments(0)