日射遮蔽の話

第3,867回エヌテックブログ担当の渡辺です。

以前も、パッシブデザインについてご紹介しましたが、
今日はその中に含まれる「日射遮蔽」についてご紹介します。

「日射遮蔽」とは??
夏の暑い日差しを室内に入れないようにする工夫のこと。

夏涼しくするために、この部分を考えることは基本となります。
窓からの熱が室内に入り、どんどん夏の室内温度が上昇すると、
エアコンを使ったり、エネルギーを消費する家になってしまいます。

そこで、室内に夏の日差しを入れない「外付け部材」を設置します。
すだれを設置した例↓
b0131012_17404978.jpg

実際、そのまま日射を当ててしまうのと外付けブラインドを閉めるのでは、
日射が入る量が4倍以上も違ってきます!
もちろん、それに比例して、家の快適性も大きく変わってくる部分なので、
これは決して侮れない部分であることが分かります。
b0131012_17405415.jpg
すだれは、日本に昔からあるもので、風を通したり、
外からの視線を遮るのにも役立ち、一石二鳥の優れ物です。
エヌテックでは、窓の外に、ブラインドやすだれを引掛けるフックなどを作り、
夏の時期になったら設置するといった設計のご提案もさせて頂いています。

みなさんも家を建てる時には、「日射遮蔽」のこともぜひ意識なさって下さいね(^^)


エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2018-09-28 17:54 | スタッフ通信 | Comments(0)