人気ブログランキング |

2013年 02月 23日 ( 1 )

『 人の手 』

b0131012_17242933.jpg

谷口です。

2月21日(木)~27日(水)まで、福屋八丁堀本店7階美術画廊にて「手仕事展」が開催中です。
b0131012_17262181.jpg

今回のテーマは「民藝の教科書」。会場では、主宰の久野恵一さん(手仕事フォーラム代表、「鎌倉もやい工藝」店主)が監修した「民藝の教科書」というシリーズ本にも紹介されている製品を中心に展示販売が行われています。
あるお客様から、毎年この催しがあるとの情報を教えて頂き、昨年に引き続き初日に伺う事が出来ました。
b0131012_1732899.jpg

今年は小鉢を狙っていたので、このような製品を購入しました。
ベタですが、小鹿田焼の飛び鉋で刻まれた模様の小鉢と、秋田の楢岡焼の小鉢です。
私は楢岡焼を知らなかったのですが、後から調べてみると、現在はたった一つの窯元で製作が行われているようです。
最初に見た時、釉薬の感じがとてもいいなぁと思いました。
どうやら、海鼠釉(なまこゆう)を使い独特の青みと深みを表現しているようです。

器の下にあるのは、手仕事フォーラムが作成した2013年のカレンダーです。
先日、東広島のK様のお宅に伺った際に、そのお住まいにも飾られていました。
「京都の娘が送ってくれたんですよ」とK様。私も同じカレンダーが入手できました!


さて、本日はエヌテックのOB様のお宅への定期点検を実施しました。
これまで行っていた点検を見直し、今年から協力業者会の皆様のご協力を得て
新築・リフォーム全ての物件を毎年点検するように変革しました。

私は、広島ガスさんと電気屋さんと一緒に、東広島市八本松地区をまわりました。
b0131012_18152289.jpg

写真奥の建物が13年目を迎えるお住まいです。
手前の平屋の建物もエヌテックが手掛けたお住まいです。
点検時には、お施主様より建設当時の貴重なお話も聞く事が出来ました。
「創業当時のエヌテックは社長と松下さんだけで、実績も無い状態だったけど、二人の誠実さに魅かれたんです」とお施主様。
私もその時の様子を想像するに、ここからエヌテックが始まったんだと実感しました。
以前、社長から聞いていた「OMソーラーの暖かい空気が床下から出てきた時に本当に感動した」というエピソードをお施主様にはお伝え致しました。

b0131012_18144246.jpg

続いて伺ったのが、昨年夏に完成したエヌテックゼロエネ住宅第一号こと「杏庵(あんあん)」。
実は、先程のお住まいの方とはご姉妹関係にあり、時を経てエヌテックが仕事をさせていただいた事例です。
杏庵には、OMソーラーもそよ風も設置していませんが、小さなストーブ一台で快適な温熱環境を実現されていて、久しぶりに訪問した私もその暖かさにビックリしました。
太陽熱温水器と太陽光発電が搭載されているので、月の電気代も3500円程度で済んでいる状況です。

b0131012_1827387.jpg

本日の最後は、松下さんの自宅「お気楽庵」へ。
事前に聞いていた不具合内容を中心に約1時間の点検でした。
b0131012_1828506.jpg

松下さんのお母さんにガスコンロの簡単なお手入れ方法をレクチャー中の広島ガスさん。
やはり専門の業者さんからの話は説得力がありますね。
レンジフードの整流板とフィルターまで掃除していただき、誠にありがとうございました。



今回の定期点検を通して、やはり『 人の手 』の重要性を再認識しました。
素敵な器も素敵な住まいも、人の手によって良い仕事がなされた結果、買い手や住まい手はその物に愛着が湧き、より長く存続させるためにも人の手によってメンテナンスを怠らない。
この心がけを忘れないようにしていきたいと思います。
by ntecj | 2013-02-23 18:42 | スタッフ通信 | Comments(2)