人気ブログランキング |

2013年 08月 04日 ( 1 )

一ヶ月訪問

b0131012_1725640.jpg

こんにちは、谷口です。

今日は山口県下松市のM様邸に「一ヶ月訪問」へ行ってきました。
6月末にお引渡しをして約一ヶ月、その間お住まいになっての感想や光熱費の状況、
住まいの使い勝手や家事の方法、本当にたくさんのお話を聞かせていただきました。

とても貴重なお話ばかりで、今後の設計手法にも参考にさせていただきたいと思います。
計画して、建設して、使った実際をヒアリングして。
地道な積み重ねと実践をこれからも継続していきたいと思います。

いろいろ聞いたお話の中でひとつ話題に上がったことがありました。
b0131012_17355233.jpg

Jパネルで作った踏み台です。
元々、大工の松林さんがM様邸の現場作業中に、室内外を上り下りするために端材を使って踏み台を作っていて、M様より工事完了後にその踏み台をいただけますか?とお話がありました。

すると松林さんがいつの間にやら新しい踏み台を制作されていて
建物のお引渡しの際に一緒にお渡ししたのがこの写真の踏み台です。

M様のお子様が洗面所を使用する際にこの踏み台を使っていて
幅もあるので、手を洗った後のタオル掛けへの横移動も楽に出来るようです。

また、アイランドキッチン横に踏み台を移動して、お母さんの料理のお手伝いをしたり、
時には机替わりにもなるようで、この上でおもちゃの木琴を演奏したり絵を描いたり。
小さなお子様にとってはちょうどいい机の大きさのようです。

無垢の杉の床もそうですが、やはり自然素材というか本物の木というか、
直接手に触れるものが触り心地の良い材料であるというのはとても重要だと思います。

こういう家を造っていて言うのも変ですが、自分の子供の頃を思うと
小さいうちからこういうものに触れて育って羨ましいなぁと感じました。
by ntecj | 2013-08-04 17:58 | スタッフ通信 | Comments(0)