人気ブログランキング |

2013年 12月 21日 ( 1 )

冷蔵庫

b0131012_9423476.jpg

こんにちは、谷口です。

「冷蔵庫にものが入らん。」

結婚して2年。妻から何度もご指摘を受けてきた言葉です。

今使っている冷蔵庫は、私が一人暮らしを始めて買った冷蔵庫で、かれこれ9年も経っています。
b0131012_10154163.jpg

エレクトロラックスby東芝の時代に買った製品で、結構な値段がした記憶があります。
b0131012_101553100.jpg
そんな冷蔵庫、容量は188リットルで年間の電気消費量は450kWh。
実家からよくお野菜を頂戴する我が家の家庭事情には、確かに小さいと思います。

というわけで、思い切って冷蔵庫を買い換えることにしました。
b0131012_10112047.jpg

冷蔵庫の電気消費量は家庭内の約1/7を占めていますので、冷蔵庫を省エネタイプにする事は
光熱費を下げる効果がとてもあることになります。
(家庭の省エネエキスパート検定テキストより抜粋)

家電量販店に行き、冷蔵庫を物色。
私は年間の消費電力量ばかりが気になり、妻は性能を担当。
いろいろ見ていると、日立の冷蔵庫の消費電力量が一番小さかったです。
190kWhの製品には驚きました。
ただ、もちろん予算もあるので最終的には「真空チルドの日立vs野菜室真ん中の東芝」となり
結果こうなりました。
b0131012_10265329.jpg

b0131012_1027125.jpg

実用性を最重要視し、我が家には野菜室が真ん中にある東芝の冷蔵庫を迎え入れました。
この冷蔵庫の場合、年間消費電力量が280kWhなので、これまでの冷蔵庫の450kWhと比較すると
(450-280)×22円/kWh=3,740円で年間3,740円くらい光熱費が削減できます。

東芝より価格の高かった日立の冷蔵庫の消費電力と比較して、光熱費で価格差を埋められる程ではなかったので280kWhでも良しとしました。

いろいろ悩んで冷蔵庫を購入しましたが、個人的には自動的に氷が出来る機能が一番嬉しかったりします。(ほとんどの冷蔵庫で付いている機能だと思いますが。。)
by ntecj | 2013-12-21 10:41 | 快適・健康&省エネ住宅研究所 | Comments(0)