人気ブログランキング |

2015年 01月 15日 ( 1 )

平成25年基準。

b0131012_1941570.jpg


渡部です。

平成25年10月から新基準として導入された『平成25年省エネ基準』。
現在は次世代省エネ基準と並行して施行期間ということになっています。
約一年と半年の施行期間が平成27年3月31日に終了し、
『次世代省エネ基準』より『平成25年省エネ基準』へ完全施行されます。

b0131012_20111799.jpg


計算方法、地域区分、面積算定などなど、以前の計算方法等をよく知っている方であれば、
そんなに難しくはありませんが、どこがどう変わったのかは認識しておく必要があります。

b0131012_20195027.jpg


一番分かりやすく大きな部分はやはり面積でしょうか。

以前は対象となる面積は『床面積』でしたが、平成25年基準では『外皮面積』となっています。
建物の規模によって結果にバラつきがあったのを各物件一定の数値になってきました。
エヌテックでも施行期間中より『平成25年基準』へと切り替え建物性能等を算出しています。

多くの補助金事業でも新基準へと変わっていっています。
最終的には義務化という流れもあるので、
知らないでは済まされません。
まずは自分でやれなければ覚えませんね!
by ntecj | 2015-01-15 20:37 | works | Comments(0)