2015年 02月 08日 ( 1 )

b0131012_19163436.jpg


渡部です。

今日は佐伯区N様邸の構造見学会を開催しました。

b0131012_19264963.jpg


谷口さんのブログ等でもありましたが、SE構法で建てる住まいとなっています。

今日の見学会にはSE構法についてのビデオや、
接合部がわかる構造の模型などを準備して
参加していただいたお客様に構造の重要となる部分を見ていただきました。

b0131012_1927181.jpg


SE構法については何度も取り上げているので重複してしまいますが、
やはり接合金物の効果・強度は絶大なものがあります。

地震時にはやはり柱-梁の接合部や継手に大きな力が生じます。

耐力壁が十分に配置されていても
接合部が疎かになっていると何も意味がありません。

なので構造計算を行って証明した建物でなければいけないのです。
家づくりにあたり、住まいの安全の確保は必須としています。

その構造をどのように考えるのかを実際見て学べる見学会です。

現行の建築基準法で建てられている一定の規模での戸建て住宅は
構造計算を行っていない建物も多く存在します。

今一度、私たちと一緒に住まいの安心について考えてみませんか?

見学会だけでなくセミナー等も開催しておりますので、
聞いてみたいという方はご連絡をお待ちしております。
by ntecj | 2015-02-08 19:43 | works | Comments(0)