人気ブログランキング |

2015年 10月 15日 ( 2 )

ざいあくかん。

だい2,632かいエヌテックブログたんとうのジジです。

いちだんとひえこみがきびしくなってきて、ますますダラダラしてしまいます。

b0131012_9294231.jpg

きょうもついつい、きゅうけいじかんよりもながくおひるねをしてしまいました。
じむしょにもどると、みんなもくもくとシゴトをしていて
ちょっぴりざいあくかんがうまれました…。
このちょうしだと、しんじんのボンちゃんにエヌテックのマスコットキャラクターてきな
ポジションをうばわれてしまうかもしれません。それはかなりマズイので
きょうはおひるからしっかりえいぎょうかつどうしたいとおもいます。

…がんばります。


エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2015-10-15 13:42 | ジジの営業日誌 | Comments(0)

お金の使い方。その1

第2,631回エヌテックブログ担当の 松下です。

朝晩が初冬と言っていいほどの寒さですね。
東広島市では、朝の外気温が10度を下回るようになりました。

秋らしく、空気が乾燥していますので
喉を痛めたりしないようにしたいですね。


さて、お住まいの建築(もしくはリフォーム)にあたり、
当たり前ですが、皆さん”ご予算”がおありと思います。

大切な資金をどう使うか?

は、最も重要な課題ではないかと思います。

つまり、
「お金の使い方」
になりますが、

コストは、掛けたところのメリットを受けることができる。

が、当たり前ですが真実です。


例えばよくあるご希望として・・・


「狭いのはイヤ。広くしたい。」


「寒さにこりごり。寒くない家にしたい。」


「カフェのような雰囲気が好き。家中を塗り壁にしたい。」


など、皆さんそれぞれのご希望(夢)を実現する部分に、
コストを重点的に配分されます。

で、ある決まったご予算を想定するとして・・・

広く(大きく)したい場合は、全体的に”薄くなる”のは否めません。
面積を重視するため、”性能”や”質”にかける予算はある程度妥協することになります。

寒さ回避の場合は、性能重視ということになり
断熱気密など、寒さ(暑さ)を軽減できる仕様に振り分けられます。
内外装などにコストを掛けられないかもしれません。

カフェの場合ですと、内装やインテリアが重視ですかね。
質感を出すマテリアル(素材)にコストを配分する必要がありそうです。
こちらも、性能には予算が薄くなりそうです。


「お金を”掛けた部分のメリット”を受け取ることができる。」


もちろん、見た目も、性能も、広さも、全て叶えるご予算があれば全部実現できます。

が、多くの場合限られたご予算をどう振り分けて、自分たちの住まいを作るか、
ではないかと思います。


家づくりに正解はありませんので、
(法律遵守など守るべき点はあります)
ご自分たちが重視したい点を大切にすることができます。


家づくりに正解がないことを重々承知の上で、
あえて私が予算を掛けて頂きたいのは、

「性能(躯体)」

です。
(同じレベルで耐震にもですね。)


入居前は分かり得ない多大なるメリットを、「家がある限り」受けて頂けるからです。
(耐震については、災害が多いと予め分かっている日本で、
いざという時の命を守ってくれる担保となります。)


広い空間は気持ちがいいものですが、
掃除の手間、固定資産税(面積が課税対象)などの諸経費、暖冷房の効きにくさ、
家族が減った際の無駄、維持費・・・


素敵な見た目やインテリアは、年齢を重ね知識が増えることで
好みが変わるかもしれませんし、
素材によっては、メンテナンスに手間暇とお金がかかるものもあります。


冷暖房を何にするか、
は、「家」と切っても切り離せない問題です。

が、
「あ、エアコンはリビングと寝室、お子様のお部屋にもつけましょうか?」

と、当たり前のように話が進み、

「太陽光発電をつければ、電気代も安くなりますしね。」

などと、業界側も建築そのものを置き去りにした”浅い”考えで進めていることが
多いのではないでしょうか。


しかし、そのエアコンも家の性能によって効き具合も違えば、
電気代も違います。
性能の低い家で、高性能エアコンを太陽光発電でガンガン効かせても
足元寒く頭が暑い状態は変えられません。
むしろ、強く稼動すればするほど、頭熱足寒状態は顕著になります。


お金の掛け方が違うと思いますし
建築に対するお金のかけ方をよくわからないまま、思い込みで進めてしまい、
その結果どうなるかを分かっていなかった、のでしょう。
きっと。

掛けたコストで得られるリターンがお金(売電分)では、
建築で得られるはずのメリット(リターン)を受け取れていないわけですしね。 

残念なのが、建築の場合「やり直すのが困難」である
ということ、
しかもその選択と決定は自分が行った結果です。


家づくりという大きな節目に当たって、
「叶えたい夢」
というメインの楽しい事、に加えて、寒さ暑さのしのぎも必須課題です。


「え?自分たちはエアコンを付ければそれでいいです。」


と、お考えの方も多いでしょう。
設備は年々進化し、耐用年数に達すれば取り替えが出来ます。

が、建築は簡単にやり直しができません。
計画に手をつける前が、
その後の長い時間に大きなリターンを受け取れる最大のチャンス、
ということを知るか知らないか、でその後に大きな差が生まれます。


これから寒さの本番を迎えますが、
「家=建築」
が、熱を逃がしにくい(寒さ・暑さを入れにくい)構造になっていることの恩恵は
年を重ねるほどに、

「やっててよかった!」

と、必ず実感を頂けること請け合います。


目を惹くデザイン&どでかいガラス窓&でっかい吹き抜け空間の
スタイリッシュ、でもエアコンだらけのエアコンが効かない家、
素晴らしい職人が手がけた寒くて暑くて耐えられない断熱気密不十分な豪邸、
太陽光発電を搭載した(今時!)空気層6ミリのアルミサッシペガラスの建売住宅、


どれも、間違っているとは申しませんが、
自然の中に建築はあるという事を踏まえないバランスの悪さ、
お金の使い方に疑問を感じます。


暑い寒いは自然現象であり、自然の法則によってありのままに実現します。
断熱が薄いと寒い(暑い)外気の影響を受けやすく、室内の冷暖房は逃げやすい。
暖房すればするほど対流が起こり足元の寒さは解消されません。
悪環境を根本的に改善する手段は、建築しかありません。


性能 = 寒さ暑さを根本的に解決し省エネを実現するたったひとつの方法


どんな素晴らしい設備も、躯体性能がよくないと、
宝の持ち腐れ。


性能に掛けたコストは、寒くない・暑くないという快適さと、
省エネによるコストメリットを、建物がある限り受け取れる素晴らしいリターン、
最終的得られるものは、「健康」として、
ご家族全員が受け取れる多大なるメリットです。
b0131012_2025663.jpg

コンパクトながら、高性能&ゼロエネ住宅としたM様邸(安芸高田市)。
性能に担保された「光冷暖」による無風・無音の冷暖房によって
家中どこでも温度差に悩まされることなく、隅々まで全てフルに使えるお住まいです。


掛けたコストは結果、です。


大切なお金の掛けどころを間違わないようにしてもらいたいと、
つくづく願っています。


次回は、今話題の”施工不良?マンション”に学ぶ、です。



おまけ: ユニクロ&ルメール
10月2日に発売開始となったコラボですが、すでに完売商品もあり
全体的に品薄の超人気。

発売前から楽しみにしていた私もこちら ↓ をGetしました。
b0131012_2035325.jpg

とても、4990円には見えません。
さすがはルメール!

けど、やはり生地の質感は本来のルメールからするとイマイチ感は否めないですね。
ま、そこが価格のワケですから
流行りを楽しみむものと考え、この冬はルメールの”ガウチョパンツ”を楽しみます!


エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2015-10-15 09:00 | スタッフ通信 | Comments(0)