人気ブログランキング |

2016年 03月 22日 ( 1 )

第2,803回エヌテックブログ担当の佛崎(ぶつざき)です。

もっとも外気の影響を受けやすい『窓』。
メンテナンスで部品を交換する頻度が多い中には、
衛生器具、室内建具、窓など毎日使用したり、稼動させる部分があります。

弊社もこれまだに、いろいろな窓をご提案し、施工をさせていただきましたが、
製造が中止になった商品もあたっりと、何かと心配事は絶えません。
しかし、メンテナンスに必要な部材は各製造会社様が、用意をしてくださっていますので
安心をしてください!
メンテナンス事例として、木の窓『R5』についてです。
2002年~2003年に掛けて、お引渡しをしたお客様のお住まいに多く提案をさせていただいています。
b0131012_13504093.jpg
b0131012_13510277.jpg
このたびは、木製の引き違い窓の召し合わせ部分の気密ゴムが破損していました。
特に、西面の窓だったということもあり窓そのものが変形することもあります。
窓開閉時に接触が強くなると、傷つき切れてしまうこともあります。
繰り返すと、ちょっとした破損箇所から隙間風が入ってきたり、虫の侵入口になったりといいことは有りません。
窓を平面断面でみると4箇所も気密ゴムが備わっています。
ゴム自体も、劣化や変形を伴う素材ですので定期的な部品交換が必要になることもあります。
b0131012_13515466.jpg
出来る限り、エヌテックにも部品を保持できるよう進めておりますので、
同じような症状などで、気になっていることがありましたらご相談くださいませ。



エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2016-03-22 14:02 | メンテナンス事例 | Comments(0)