人気ブログランキング |

2017年 09月 01日 ( 1 )

第3,321回エヌテックブログ担当の市川です。

いつもエヌテックブログをご覧いただきありがとうございます。

みなさんは「建築知識」という雑誌をご存知でしょうか?

b0131012_19222446.jpg

建築知識は建築実務者向けの情報満載の月刊雑誌で、エヌテックも定期購読しているので
毎月事務所に届きます。建築知識といえば、「猫のための家づくり」を特集とした
今年の1月号が異例の大ヒット(普段の2倍)となったとか。

さて、今月号の建築知識は「成功する収納設計術」が特集です。
「成功する収納設計術」よりも「片づかない家よサラバ!」という文字が気になったので
中をパラパラと見てみると、収納を設計するうえで参考になる細かい寸法や
家にある家電製品やキッチン用品、本、寝具、季節の飾り(お雛様等)などの寸法が
沢山記載されていました。中にはペットの寸法まで。(柴犬の体高は350㎜~410㎜なんだとか。)

b0131012_19235039.jpg

当然、全てのものには大きさが(寸法)がありますが、改めてまとめられているものを見ると
「これって意外と大きいんだな」とか「一つ一つは小さいものでも、まとめ買いして
置いておこうと思うと結構スペースを取ってしまうなあ」と思うものもたくさんありました。

収納を考える際には、やはり難しくてもあらかじめ「どこ」に「なに」を収めるか、
そしてそれに合わせた適切なサイズの収納を設けることが大事ですね。
可動棚などをうまく利用するのも良さそうです。
また、収納の仕方や配置の仕方で使い勝手が大きく変わる場合もあるので(キッチンなど)
日頃の生活動線もしっかりシュミレーションする必要がありそうです。

この本に書いてある収納設計術を全て盛り込んだ家をつくると
きっとものすごい収納量を備えた家が出来上がりそうですが、
収納量が多いということは、「まだ収納できるスペースがあったなあ…」と
どんどん家の中の物が増えていってしまうハメになりがちです。
「収納をたくさん!」は家をすっきり綺麗に見せたいという気持ちの現われで
私もすごくわかるのですが、まずは収納する対象であるモノの削減→モノが少なければ収納に要する
スペースも省スペースに→収納に当てていたスペース分他の部屋が広くなる→
広い部屋に少ない収納でスッキリ広々した家に!というサイクルに…と
わかっていてもなかなか難しいものですが…
そこで新築やリフォームなどでのお引越しは荷物の整理の絶好のチャンス!というわけです。

と、ここまで記事を書いて最近ハマっているチョコエッグのことを思い出し
私が片づけ下手な理由が良くわかった気がします…

b0131012_19242181.jpg

どうしても収集癖が抜けなくて…心の入れ替えも大事ですね…
収納上手への道はまだまだ険しそうです。








エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2017-09-01 19:28 | スタッフ通信 | Comments(0)