2018年 06月 07日 ( 1 )

太陽熱温水器の修理。

第3,561回エヌテックブログ担当の佛崎(ぶつざき)です。

メンテナンス担当は、時には探偵になります。
液漏れが太陽熱温水器周辺にあっても、必ずしもタンク内の故障とは限りません。
b0131012_18561925.jpg
この度は、周辺機器の上や外部配管、現場とは離れた足洗い場など至るか所で
液漏れした形跡が残っていました。
特に、配管経路の直下にない足洗い場は明らかに、
屋根上から液が垂れてきたことを示します。
b0131012_18555924.jpg
b0131012_18560867.jpg
b0131012_18555110.jpg
b0131012_18562631.jpg
やはり、屋根上パネルの配管材が劣化し、液漏れが発生。
日差しから配管を守る保護材が何者かに食いちぎられ、裂けていることが確認できました。
屋根上に固形のフンのようなものがあること、お客様から聞く周辺にカラスが多いことなどから、
今後の対策を検討します。

修理は無事終えましたが、今後の対策も検討し引き続き対応していきます。


エヌテックのホームページはこちらからどうぞ。
イベント情報はこちらです。
エヌテック公式インスタグラムは毎日更新中です。
エヌテックは広島で唯一の重量木骨の家 木の家プレミアムパートナーです。
by ntecj | 2018-06-07 18:57 | 住宅再生工房 | Comments(0)