昨日に引き続き、断熱材のことです。

前回も申し上げたとおり、エヌテックでは、充填断熱を採用しています。

断熱材そのものは、『セルローズファイバー』や『グラスウール』です。

断熱はとっても大切に考えていて、予算オーバーの場合でもコストダウンの項目に

あげることは、窓同様に絶対ありません。

断熱性能が低いと、室内が外気温の影響を受けやすくなりますから

暖房しても(冷房しても)効きが悪く、寒い(暑い)と、エネルギーをたくさん使うことに

なってしまい、エネルギーコストもかさんでしまいます。

また、断熱材のチョイスによっては、「住み心地」にも影響がありますよね。

断熱の最大目的の暑い寒いへの対策はもちろんのこと、人体への影響や

その他に気になる点として・・・先ず、”防音”があります。

ボード系断熱材だけで、十分な防音性能は難しいと思います。

雨の音が室内に響いたり、暮らし方によっては自分の家の音が近隣にご迷惑を

お掛けする可能性も考えられますよね。

お隣様とは、お互い様ですから、気持ち良い関係を築きたいもの。

もうひとつ、”防火”も気になります。

可燃性のある素材を外部に近いところに使用するには、十分な検討が

必要だと思います。

自分の家を快適で長く安心できる室内環境にすることと同じくらい、

周囲の中に存在する”家”ということを、考えた上で決定すべきではないかな?

と、考えています。

断熱方法については、先ず、

「外張り」は、コンクリートなど蓄熱容量の大きいものや鉄筋、鉄骨など熱伝導率の

高いものに対して、外気温の影響を受けにくくするために有効だと思います。

(予断ですが・・・某ハウスメーカーさんは、軽量鉄骨(かな?)なので外張りが

有効かもしれませんね。)

熱伝導率の低い木材は、断熱材で覆うことの出来ない梁・柱も

鉄筋や軽量鉄骨と違って室内外の温度差の影響を受けにくいのです。

ただ、外張り、充填にかかわらず、断熱性能をきちんと出すためには、

断熱材自体の持つ性能だけでなく、「きちんと隙間なく正しく施工すること」、が

最も大切です。

断熱材は何かいいのでしょう?外張りと充填のどっちがいいんですか?

は、よく聞かれる質問ですが、

建物にとってひとにとって”いい”こと、快適な室内環境づくりに”いい”こと・・・

素材、方法、どれにもどちらにも、いい点、イマイチな点があります。

それらをしっかりと把握し理解した上でチョイスすることですね。

どっちにせよ、なんにしろ、素材と施工、この二つが揃ってはじめて、

目指す断熱性能が得られるのです。

と、思いますよ~!

◎「確かな材料でつくる家:構造見学会」開催!

◎5月11日(日) 午前10時~16時まで

◎広島市安佐北区深川 Yさま邸現場にて


詳しい場所などを記したご案内状は、5月初旬にお送り致します。

ご希望の方は、お電話・FAX・メール↓などでお申し付けくださいませ!

電話:082-509-5771

FAX:082-509-5772

mail:ntec@ms7.megaegg.ne.jp
# by ntecj | 2008-04-12 14:38 | works | Comments(0)